医療機関:院内物品管理システム

ニーズと背景

院内で雑多に発生する薬品および医療材料についてIT化による集中管理を実施することで無駄の排除を目的とした。また手書きによる間違いをなくし、正確な発注を行うことで在庫の適正管理を可能とした。

1.院内で利用する医薬品を含む診療機材および物品についての紙伝票の煩雑さを緩和したい。
2.各業者への発注をオンライ化し、同時に定型伝票の出力により確認を効率化したい。
3.自動発注点を持ち、在庫を極力なくすと共に発注もれによる在庫なしも未然に防ぐ。
4.現場での依頼入力をオンライン化し、用度課部門の作業軽減を計る。

導入効果

●煩雑だった紙伝票が無くなり、各部門からの迅速なオーダーが可能となった
●発注がオンライン化され、電話連絡などの煩雑な業務が減った
●在庫が適正管理されことにより納品用倉庫も小さくなった。また過剰な発注が制御され経費のロスも軽減された
●各部門ではオーダー内容が参照出来ることで、過剰発注を防ぐことができる
●各社への支払情報の一括管理が可能となり、経理課への報告業務が軽減された